ドイツで働く日本人管理職及び、日本人スタッフは異文化コミュニケーションに根ざす問題に毎日のように遭遇しています。これらの問題は、ほんのささいなことで発生するのですが、解決するのは大変困難なことです。ドイツのビジネスカルチャーを理解するには、相手の思いやる気持ちや、効果的なコミュニケーションが必須です。これらを習得し、ビジネスパートナーを理解することができれば、ビジネスに成功はもちろんのこと、ドイツ人の同僚とも楽しく仕事をしていくことができます.

まず、知っておいていただきたいのが、ヨーロッパ、特にドイツではコミュニケーションがかなり直接的なことです。この直接的なコミュニケーションを理解されますと、ビジネスパートナーとのミーティングや交渉がもっとスムーズにいくと思います。例えば、日本人が「はい」という場合は、相手の言っていることを「音声として聞こえました。」という意味ですが、ドイツ人が「はい」と言ったら、「その内容に納得、同意した。」、という意味です。ドイツと日本のようにまったく異なる文化を持つ国の者同士がコミュニケーションを取るのは、難しいのが当たり前なのです。異文化間コミュニケーションは習得されなくてはならないのです。

このような理由から

ムッケル・コンサルティングはドイツ市場に参入する、あるいはビジネスコンタクトを求める、日本の企業をサポートしコンサルティングを提供します。

さらに、ムッケル・コンサルティングは異文化間摩擦を防ぎ、問題を解決する為の、異文化間コミュニケーション・セミナーを提供します。

ムッケル・コンサルティングは貴方がドイツでビジネスパートナーと成果を上げられるようにお力添えします。

ドイツやヨーロッパを本当に理解し、ビジネスを展開したい方は是非ご連絡下さい。